スポーツ歯科外来

  • HOME>
  • スポーツ歯科外来

スポーツ歯科外来では、マウスガードの作製と、スポーツ外傷の治療を行います。

マウスガードの作製

マウスガードとは、スポーツ中の事故から歯、歯ぐき、粘膜、舌、顎関節等を守り、怪我を予防するマウスピースです。
アメリカンフットボールやボクシングなどの格闘技をはじめ、近年では野球などの他競技でも普及が進んでいます。

型取りをして作るマウスガードで、しっかりと保護

熱を加えて形を整えられるような、個人の口に合わせて使用できるマウスガードもドラッグストアなどで購入できるようになりました。
ただ、やはり型取りをして作るマウスガードと比べると、フィット感は劣ります。
無用な隙間があることで、お口をしっかりと守れないことがありますし、使用したときの噛み心地の不十分からプレーに集中できないなどの弊害もきかれます。
歯、歯ぐき、粘膜、舌、顎関節を守るために使用するものですので、多少費用はかかりますが、歯科医院で型取りをして、ぴったり合うマウスガードを使用されることをおすすめします。

大人やアスリートだけでなく、お子様・ビギナーにも

マウスガードにはまだまだ「大人やアスリートが使うもの」というイメージが残っています。
しかし、お子様でも、またビギナーであっても、歯が折れる、舌を噛む、あるいは歯で相手を傷つけるという事態は十分に起こり得ます。咄嗟の判断が難しいために、重大な事故につながることもあります。
マウスガードは、スポーツを愛するすべての方におすすめできるものです。特に、着用義務のあるスポーツ、着用が推奨されているスポーツをされる方は、年齢や競技のレベルに関係なく、マウスガードの使用を検討されることをおすすめします。

期待できる効果

歯、歯ぐき、粘膜、舌を守る

歯が歯ぐきや粘膜、舌を傷つけたり、歯そのものが欠けたり折れたりといったことを防ぎます。

顎関節を守る

顎関節に伝わる衝撃を和らげ、骨折などの怪我から顎関節を守ります。

脳震盪を予防する

頭部へ伝わる衝撃を和らげ、脳震盪を予防します。

他プレイヤーの怪我の予防

歯によって他のプレイヤーを傷つける事態を防ぎます。

歯のすり減りの予防

プレー中の食いしばりによる歯のすり減りを予防します。

集中力アップ

安心して強く食いしばれることから、集中力のアップが期待できます。

料金表

マウスガード(スポーツ用) 20,000円

※税抜き価格で表記しております。

スポーツ外傷の治療

スポーツ中の事故によって歯が抜けた、割れた、ぐらついたときも、早期の適切な対応・治療によって元通りに治療することが可能です。
外傷を負ってからの時間によって治療の結果に差が出ます。できるだけ早く、歯科医院を受診してください。

歯が抜けたとき

歯根膜(歯の根を覆う膜)に触れないように持ち、流水で洗い、薬局などで売られている「ティースキーパーネオ」という保存液に浸けて歯科医院を受診してください。
再植(元の穴に戻すこと)して固定すると、元通りに根付かせることが可能です。
なお保存液は、牛乳や生理食塩水で代用することもできます。

歯が割れたとき

折れてしまった欠片を拾い、流水で洗います。保存液や牛乳、生理食塩水に浸け、歯科医院を受診してください。
再接着による治療が可能なことがあります。

歯がぐらついたとき

ぐらつく歯を触らず、早期に歯科医院を受診してください。
固定により、元の安定を取り戻すことが可能です。

06-6608-4618

お問い
合わせ