入れ歯

専門知識を持った歯科医がしっかりとカウンセリング・ご提案

より患者様のお口に合った入れ歯を作るため、専門的な知識と豊富な経験を持った歯科医が、しっかりとお話をお伺いした上で適切なご提案をさせていただきます。
保険診療の入れ歯だけでなく、精密な自費診療の入れ歯にも対応しておりますので、初めて入れ歯をお作りになる方も、現在ご使用中の入れ歯にご不満があるという方も、お気軽にご相談ください。

当院でお作りする入れ歯の種類

レジン床入れ歯(保険診療)

保険診療の入れ歯は、歯科用プラスチックを材料にして作ります。
材料の強度の問題で、ある程度の厚みが生じます。また、部分入れ歯を作る際には、安定のための金属のバネが付属し、使用する部位によっては目立ってしまいます。
もちろん、保険診療の入れ歯だからといって一概に使いづらいというわけではありません。患者様によっては十分にご満足いただき、長く愛用されている方もおられます。

長所
  • 保険診療のため低価格
  • 作製に要する期間が短い
短所
  • 金属床入れ歯に比べて耐久性に劣る
  • ノンクラスプデンチャーに比べて審美性に劣る
  • 部分入れ歯の場合、金属のバネが必要
  • ある程度の厚みが必要

金属床入れ歯(自費診療)

入れ歯の床の部分を金属で作る入れ歯です。
耐久性に優れる金属を使用するため、薄く作ることができます。
金属の種類も、金・プラチナ、純チタン・チタンからお選びいただけます。

長所
  • 薄く軽いため、お口の中が快適
  • 熱をしっかり伝えてくれる
  • 使い心地に優れる
短所
  • 自費診療であるため、やや高価

ノンクラスプデンチャー(自費診療)

金属のバネを使用しない部分入れ歯です。
歯ぐきに吸着するようにして安定を得ます。

長所
  • 金属のバネがなく審美性に優れる
  • やわらかく、装着感に優れる
短所
  • 耐久性にやや劣る

料金表

金属床入れ歯 200,000円~
ノンクラスプデンチャー 1歯:100,000円
片側:150,000円
両側:200,000円

※すべて税抜き価格で表記しております。

06-6608-4618

お問い
合わせ